災害時の外国人支援

〜ささえる声、つながる心、かさなる手〜

 

災害通訳士が被災地へ出動

災害等非常時において、移民者や日本語が不慣れな住民 のために災害通訳士を被災地へ派遣しています。災害通訳士はその被害拡大を抑えるとともに、心理的援助にも貢献しています。

災害通訳士の認定

GCI は唯一の認定組織として、緊急時の支援者育成のための災害通訳研修を行い、「災害通訳士」を認定しています。(後援:東京都港区、協賛:東京都豊島区、受託: 神奈川県等)

 

もし私たちの町で災害が起きたら・・・

現在、日本に暮らす外国人は約256万人、観光などの短期滞在やその他を含めるとその数は甚大です。
災害時の外国人被災者に対し、母語を使用し支援する災害通訳ボランティアの養成活動をしています。

災害通訳士とは

GCIでは災害時における外国人被災者への支援体制として、平常時から緊急時に至るまでの短期・長期的な多言語による支援に取り組んでいます。
その活動力となるのが私たち災害通訳士です。
  • 現場に直接赴き被災外国人等を支援
  • 隣接地域での多言語情報による遠隔支援

NGO等の各種通訳・語学ボランティア、一般市民に対し研修・訓練を実施し、その人材育成に努めています。そして災害通訳研修会の修了等一定の要件を満たした者を災害通訳士として認定しています。

 

災害通訳士の導入

(クリックすると拡大します。)

支援の連携図

(クリックすると拡大します。)